ジャラハニーの甘さ

ジャラハニーは特に甘い

はちみつの甘さF/G値

はちみつの甘さの指標として、G:(Glucose,ブドウ糖) とF:フルクトース(Fluctose,果糖)の含有比率によって示されます。
F÷Gの値が大きければ大きいほど甘いという事です。はちみつに含まれる成分のうち、グルコースとフルクトースが最も糖分を多く含む成分です。正確にはそれ以外にも少量ですが10種以上も糖分を含む成分が含有しています。

​ジャラハニーの珍しい特徴の一つが、「高フルクトース、低グルコース」ですので、F/G値は当然高くなります。


マヌカハニーのF/G値は、通常1.1~1.4程度で、一般的にF/G値1.5以上のはちみつは希少です。
ジャラハニーのF/G値は、1.5~1.9もあり、非常に甘みが強いはちみつである事を意味します。

​はちみつの甘さを左右するのは主にブドウ糖や果糖ですが、それ以外にも"風味"を左右する花の蜜に含まれる成分としては200以上存在すると言われています。代表的なものとしてフラボノイドやフェノールなどがあります。

グルコースとフルクトース