​腸内環境サポート

​プロバイオティクス

× ​プレバイオティクス

はちみつは腸内環境を良好に保つ効果があると言われています。

プロバイオティクス (Probiotics)とは腸内環境維持に有効に働く生きた微生物の事で、代表的なものとしては乳酸菌、ビフィズス菌などがあります。「善玉菌」とも呼ばれています。

プレバイオティクス (Prebiotics)は、それら有益な善玉菌の成長や活動を活発化させる「善玉菌のエサ」となる成分の事です。代表的なものとしてグルコン酸やオリゴ糖などがあります。

外部リンク_プロバイオティクス

厚生労働省『「統合医療」に係る情報発信等推進事業』

外部リンク_プレバイオティクスと腸内フローラ

J-Stage 腸内細菌学雑誌16巻 (2002)1号

​「腸活」のための

スーパーフードとして注目

プレバイオティクスを非常に多く含むのがジャラハニーです。ジャラハニーにはグルコン酸が豊富に含まれており腸内の善玉菌を元気にする働きがあります。腸内細菌を良好な状態に保つことは、免疫力アップ、病気予防、美容効果などさまざまな効果が期待されるため、今話題のスーパーフードの一つとして注目されています。

外部リンク_腸内細菌と健康

(厚生労働省 生活習慣病予防のための健康情報サイト)

​豪州産はちみつのプレバイオティクスに関する研究_学術論文(英語)

​「酪酸」のチカラで

良好な腸内フローラを

そしてもう1つ重要な成分が「酪酸」です。

人の腸内にいる善玉菌の一つで「酪酸菌」と呼ばれる腸内細菌が近年注目されています。酪酸菌は腸に届いた食物繊維を分解し、酪酸を作ります。その酪酸が、大腸の働きを活発化させるエネルギー源となり腸内フローラを健康に保つ役割を担っています。

酪酸を多く含むジャラハニーには、​腸内フローラを良好に保つ働きがあるため、免疫力アップや病気予防、そして老化防止などに効果があると考えられています。

​ファイトケミカルとは

ファイトケミカル(phytochemical)とは、野菜、果物、豆類などの植物中に含まれる化学成分のことです。植物にとって有害な紫外線、物質、害虫などの害から自身を守るために作り出した色素、香り、ネバネバ、辛味などの元となる成分です。代表的なものは、ポリフェノール、有機硫黄化合物、テルペノイドなどがあります。それらの成分は人体にとっても有益と考えられ、抗酸化作用や免疫向上などが期待されています。

​そしてジャラハニーには、なんと19種類もの豊富なファイトケミカルが含まれていることが、近年の研究で明らかにされました。

​参考:学術論文(英語)

はちみつの効果に関する情報は、主に国外の研究結果や文献を元に記載しておりますが、それらは特定の疾患に対する医学的診断、治療、治癒、予防を目的とした情報ではありません。

Copyright © 2020 enAVANT-Honey  All Rights Reserved.