​健康な骨の維持に

「マルトビオン酸」が
骨粗しょう症予防に有効

はちみつには「マルトビオン酸」という成分が豊富に含まれています。

糖と酸の両方の性質を持つ難消化性オリゴ糖「マルトビオン酸」には、骨中のコラーゲン成分の流出を抑え、骨成分の維持に役立つことが中部大学のヒト臨床試験で明らかにされました。

特に閉経後の女性は、女性ホルモンの分泌が低下することにより骨代謝のバランスが崩れ、骨吸収が骨形成を上回ることで骨密度は急激に低下し、骨粗しょう症のリスクが高まることが知られており、その予防としてはちみつの摂取が有効であることが実証されました。

詳細:

日本語文献英語文献

Image by Cara Shelton